徒然健康ブログ

健康を中心に関心のあることを書いています。

蛇行する月

母に勧められた小説を読破。

最近毎日図書館で本を借りている。

 

うちの母の趣味は読書。子育てやら仕事やら忙しいはずなのに、家は常に本が山積みに…

 

母と叔母は揃って読書家。

其々にお勧めを聞くと趣向が違ってて、それも面白い。

 

叔母のオススメは同和問題を取り上げた、橋のない川。こちらは長編で、借りては来たものの、期限内に読み終わる自信がない…

ただ、内容には興味あり。

 

母のオススメは桜木紫乃さんの小説。早速図書館で予約。

作者は北海道出身and在住。読んでみると北国の身に応える寒さや、田舎独特の陰鬱な人間関係、逃げられない閉鎖的な社会が淡々と描かれている。私が、合わなかった世界。

 

たまたま、両親が共働きで大卒だったから、田舎から出られた私。でも、北国に留まっていたら私も、こんな気持ちで生きていたかも。

 

冬の寒さ、低い賃金水準、人間関係、全てが精神を痛ぶる感じ。だから温かい気候でポジティブな人間性の南国に憧れる。

寒さや日照時間は、それほど人間の精神状態に影響する。あくまでも私見ですが。

 

関東に出てきて、性格は明るくなったと思う。でも、たまにノスタルジックな気持ちになる。この小説を読んで、北海道の閉鎖的な雰囲気を思い出した。

 

東京はキラキラした世界が広がっている。でも、世の中そんな美しい世界ばかりではない。

普通の人の普通の日常が描かれていて、読書に没頭できた。

 

北海道に住む女性達の人生が、オムニバスで綴られている。人生って、そんなもんだよねって感じ。

 

やはり、母は本を選ぶセンスがある。

そして図書館よ、ありがとう。

税金たんまり払っているから、これからも重宝させて頂きます。

 

f:id:alalala617568:20210608001040j:image

大量のアスパラが届いた…

一人で食べきれないので従姉妹と、上司の家を梯子してお裾分け。

昨日の夕飯はアスパラの肉巻きとアスパラシチュー。