徒然健康ブログ

健康を中心に関心のあることを書いています。

この本、最高。

ずっと欲しかった本、

Cooking for geeks 

オタクによる、オタクのための料理本

買う前に、買うかどうか決めるために、図書館で借りた。

 

鍋の素材の熱伝導、世界各国の味付けの比較、調味料の作用などなど、科学的な視点で料理について記載されており、ワクワク。  

タンパク質の分類や構造、酵素で分解される、固くならない調理温度等、役立つ知識が沢山書いてあるー。

 

とは言え、500ページくらいあってグラフも沢山掲載されており、読むのに時間がかかりそう。

 

みんな大好き卵について、こんな記述あり。卵は…

結合材⇨ミートローフや詰め物

膨張剤⇨ケーキやスフレ

乳化剤⇨マヨネーズ

うんうん。ほんと卵って万能なの。ほんと大好きなの。

 

そして殻、カラザ、卵白、卵黄の関係性についても記述あり。

 

食材の持つ特性を知っていれば、レシピを見なくても、お菓子を作れるし、効率の良い工程を組立られる。

 

これは、人生をかけて読むべき良書であるとはんだん。購入しよう。まだ、パラパラとしか読んでないけど。レシピも載ってるしね。

レシピは外国のメニューが多いから、和食が苦手な私に最適。

 

買って、10年くらいかけてよもっと。

自分の本棚にある料理本、20年以上使ってる物が多い。この本も仲間入りさせよう。

 

f:id:alalala617568:20220726000152j:image